フラット35審査と諸費用はいくら?

フラット35に限らず、不動産物件を購入する際には諸費用がかかります。
ここではフラット35のホームページを参考に諸費用についてまとめてみたいと思います。
まず、税務署へ支払う印紙代20.
000円(借り入れ金額:1000万円から5000万円の場合)、融資手数料3万から5万円程度、フラット35物件検査料(技術基準に適合かの審査を受け証明書を交付:2万から6万円)、登録免許税(借入額の0.
4%、又は0.
1%)抵当権登録にためのの司法書士報酬(5万から10万程度)、火災保険料などがあります。
この他、任意ですが団体信用生命保険の加入費用も考えられます。
民間の銀行で必要な保証料については、フラット35では必要有りません。
フラット35の自己資金はいくら必要?借り入れ手順!【頭金の金額は?】