プロバイダーランキングで地域の回線シェアを見てみる

回線を利用してのインターネットを利用する場合、インターネットサービスプロバイダーに加入する必要があります。
またインターネットサービスプロバイダーまでの通信回線にも加入する必要があります。
通信回線としては、電話回線を利用したダイヤルアップ接続や、ADSL。
また地域IP網であるケーブルテレビや光ファイバーなどがあります。
現在の主流はADSLまたは光ファイバーです。
ADSLは安価に高速通信が行えますが、光ファイバーの方が品質に優れており、大容量通信を行う場合には後者が良いとされています。
プロバイダーは、その地域によってシェアが異なります。
プロバイダーランキングでは、光ファイバー部門では、関東・甲信越では@nifty、また近畿・北陸では、eo光がトップとなっています。
一方で、ADSLのプロバイダーランキングでは関東・甲信越では、とくとくBB。
近畿・北陸では@nifytとなっています。
インターネットサービスプロバイダーは